廃車にするよりも売却したほうがいいですよ!

「私のセレナ・・・・もう15万キロも走っているから誰も買わないでしょうね」
「台風で水没して、電気系統がやられたから、廃車しなかいでしょう」
「電柱にぶつけてボコボコ・・・廃車っていくらかかるの?」

と、愛車であるセレナC25を廃車にしようかな? とあなたは考えているのかもしれません。

まずいくらかかるのか? ですが、大体3万円~4万円あれば依頼が可能です。

まず、セレナを解体するための費用が1~1.5万円ほど。

そして、不動車の場合はレッカー代金が1万円ほどで引取りを。

あとは自分で陸運局へ足を運んで手続きをすれば書類代で数百円かかる程度です。
とはいってもほとんどの人がやり方がわからかったり、引取りから、手続き、解体を任せているため、業者への代行手数料を別途8000円~15000円ほど支払う必要があります。

どこで手続きを?

セレナC25を購入した日産ディーラー、近所の自動車修理工場などが一般的です。

ただ、上記の方法ですと数万円ですが、余計なお金が掛かってしまますよね?

逆にお金をもらう方法

輸出専門もしくは解体業者とパイプが太い買取専門店へ売却をしましょう。

一昔前は鉄クズとしてしか扱われなかった車は今は宝の山です。

またハンドルやカーナビ、椅子などまだ使えるものは修理用の部品として再利用できるため、安いですが価値があります。

こうして買取業者にセレナC25を買取してもらうことで、支払うのではなく、逆にお金をもらえるというわけです。

>>セレナC25買取【※相場より高く売るための”マル秘”とは?】

このページの先頭へ