カーエアコンが壊れた! 修理代が15万円!

「蒸し暑くなってきたので久しぶりにカーエアコンをつけたら、全然涼しくならない」

しばらく気のせいかな? と放置していても改善しないため、ディーラーに持ち込んで症状を確認してもらうと
「もしかしてセレナのコンプレッサーが壊れているかもしれませんね」とのこと。

カーエアコンが壊れるパターンには大きく分けて2つあります。

①ガス系の不具合

②コンプレッサーの不具合

ガス系の不具合

クーラーガスがないと、エアコンが効かないため、それを補充する(※ガス漏れが原因?)
修理費用は8000円~20000円あたりなので、対して高くありません。

コンプレッサーの不具合

ガス不足を確認しても、十分の補充されている。
けれど、エンジンの下にあるコンプレッサーが動作しない・・・

となると、ほとんど交換になるケースが多いです。

エアコンの寿命は個体差があるため、一言では言えませんが、5年ほどです。
もちろん人によっては10年以上乗っても壊れない、という人もいます。

ガスの補充程度でしたら、大したことはないですが、コンプレッサーの交換に15~25万円ほどかかるため、修理・交換するよりも、思い切って売却し、新しい車を購入する選択肢もあります。

ただ、修理業者の中でもディーラーは高額ですが、個人でやっている板金屋さんで10万円以下でやってくれる工場もあるので、いろいろ聞いてみるといいかもしれません。

>>セレナC25買取【※相場より高く売るための”マル秘”とは?】へ戻る

このページの先頭へ